キレイな歯並びで笑顔美人に!~吹田市でおすすめの矯正歯科を比較~

HOME » 歯列矯正治療をする前に知っておきたいこと » どういうクリニックを選べばいい?

どういうクリニックを選べばいい?

ここでは、歯列矯正歯科を選ぶときの重要なポイントについてまとめています。

矯正歯科の選び方で重要なポイントとは

治療に使う機器や料金体系などはクリニックによって様々ですので、矯正歯科の選び方の基準とするには難しいものがあります。

そこで重視したいのが、矯正歯科学会が認めたドクターかどうか。

矯正歯科には、「認定医・専門医」という制度があります。これは、日本矯正歯科学会が認めた矯正専門のドクターであるという称号。

矯正歯科の認定医や専門医になるには、長い臨床経験と学術論文や審査に合格するという高いハードルを越えなければなりません。

しかも一度獲得すれば一生ものではなく、数年に一度の割合で更新審査が行われているという難しい資格です。

つまりこの資格を持った医師がいるクリニックは、矯正技術にかんしては折り紙つきといえます。

日本矯正歯科学会認定医について

歯科医師になるには医科大学の歯学部で6年間の教育を受け、国家試験に合格して「歯科医師免許」をとります。

その後、指定病院や診療所などで1年以上の臨床研修を受けた後に、一般歯科医師として活動ができるようになります。

矯正歯科医師になるには、さらにこの後、大学の「矯正学教室」に入るための入局試験に合格して矯正歯科研修生になり、各指導医の下で3年間の基礎研修を行います。

その後、学会が認めた大学の附属病院や医療機関において5年以上の臨床経験を重ね、学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表し、「認定医試験」に合格してやっと「日本矯正歯科学会の認定医」になれるのです。

つまり、矯正歯科の認定医に合格するには、最低でも大学に入ってから15年はかかるという大変難しいものです。

しかも一度認定医になれば一生ものではなく、5年ごとの更新時には学術大会への出席や発表、および学術誌における報告という高いハードルと厳しい審査が行われています。

日本矯正歯科学会専門医について

「専門医」は、認定医よりもさらに高いレベルの資格です。

より高い臨床技能と学術的な知識だけではなく、良識や高い倫理観をも求められます。そして、認定医や専門医をめざす歯科医師の模範になり、育成を手助けできる高度な資格が「専門医」です。

専門医の資格は、長く日本矯正歯科学会に属している「認定医」が資格審査を受けられます。審査に合格することは大変難しく、それゆえに大変名誉な資格です。こちらの更新も5年毎に高いハードルと厳しい審査が設けられています。

矯正歯科クリニックの選び方にかんするまとめ

矯正歯科認定医・専門医は、全国にもそれほどたくさんはいません。

矯正治療をしようと思い立ったら、高い学識と経験を持った「認定医」「専門医」のいるクリニックを選ぶことをオススメします。