キレイな歯並びで笑顔美人に!~吹田市でおすすめの矯正歯科を比較~

小児矯正

ここでは、子供の歯の矯正に関する基礎知識や、大阪で小児矯正を受けた場合の治療費用の相場などをまとめています。

小児矯正について知っておきたいこと

小児の矯正治療は、成長期にある小児だからこそ可能な「アゴの骨格を整える」ことができます。

アゴの成長を促して大きくしたり、逆に成長しすぎるのを抑えたりすることができるので、その後の歯並び矯正が必要なくなったり、抜歯しなくてもすむ簡単な症例に導くことができます。

子供の歯列矯正(小児矯正)の内容は、以下のように、I期治療とII期治療の2種類に分けられます。

小児矯正のI期治療とII期治療

【 Ⅰ期治療 】
Ⅰ期治療では、アゴの成長を促し「アゴを大きく」することにより、「アゴが小さいことにより歯並びが崩れる」というリスクを取り除きます。このことにより、大切な歯を抜かなくても綺麗に並ぶようになります。

アゴを拡大するという治療は、成人の歯列矯正治療ではできないことです。

成長期である子供だからこその効果の出る治療法で、しかも永久歯が生え揃うともうアゴの拡大は難しくなります。

そのため骨格から改善するI期治療は、永久歯が生えはじめた6、7歳くらいから第一次成長期の間に行うことが理想的です。

I期治療は、アゴの成長を促しアゴを拡大したり、また成長しすぎるのを抑えたり、アゴの位置を治したり、逆になっている噛み合わせを正常にもどすこともできます。

矯正装置は主に取り外し可能なものを使いますが、症例によっては通常のワイヤーを使用することもあるようです。

【II期治療 】
I期治療で骨格等を改善した後、まだ歯並びが凸凹していたり、歯が回転していたりする場合には、II期治療(12歳以上)を行います。

II期治療は永久歯が生えそろう12~13才くらいから行い、装置は主にワイヤーを使います。

小児矯正のメリット・デメリット

【メリット】

  • アゴの大きさを変えることができるので、大きくなってから抜歯する危険を回避できる。
  • 骨が柔らかく、動きやすいため、痛みが少ない。
  • 大人に比べ適応能力が高いため、歯や歯茎、口周りの筋肉などが装置にすぐなじむ。

【デメリット】

  • 装置によっては目立ってしまう。

小児矯正の大阪の費用相場と治療期間

I期治療の場合

  • 費用相場…およそ50万円
  • 治療期間…1~3年

II期治療の場合

  • 費用相場…およそ40~60万円
  • 治療期間1~2年

※ここで出した大阪での料金相場・治療期間は、一般的な治療内容の場合です。